湿度の測定法には、湿度を相対量として測る相対湿度測定法と、絶対量で測る絶対湿度測定法の2つに大別されます。このうち、一般や工業測定では相対湿度法の方が、広く利用されているといえます。相対湿度法は、感湿阻止が、吸湿・脱湿に伴って、性質が変化するという性質を利用して、湿度を計測していきます。塩化リチウムや高分子などを使用して、水蒸気の量の変化を電気容量や電気抵抗を利用して、測定していく方法が広く工業用として使用されています。また、高温域での湿度測定には、ジルコニアを利用した、限界電流方式の湿度センサーが使用される場合もあり、用途によってそれぞれの湿度センサーが使い分けされています。抵抗式のセンサーは、構造が簡単な為、大量生産が可能ということもあり、価格も安価になります。

電気式湿度センサーの基本的な内容

湿度を計測するための機器として、電気式の湿度計が多く市場に出回っています。一般的に使用されているこの電気式の湿度計は、電気的に湿度を測定することで、誰でも手軽に同じ値を示すことができるというメリットがあります。電気式の湿度計には、大きく大別すると抵抗変化型と静電容量変化型とがあり、どちらも湿分と吸湿・脱湿する感湿材を使用して、湿度を測定することができます。抵抗変化型の特徴としては、大量生産が可能で価格も安価、センサー部分を小型化することが可能、耐久性に優れているという点があがられ、静電容量式は、応答速度が早く、低湿度測定にも優れているという特徴をもっています。このように、それぞれに特徴がありますから、用途によって使い分けることが可能となっています。

電気式湿度センサーのメリットとは

抵抗式は、櫛形の電極が接触しない形状で向かい合い、電極の橋渡しに感湿膜があり、この感湿膜の吸脱湿によって抵抗が変化することで、湿度を計測していくことができます。湿度が高いと電気の流れがよくなり、湿度が低いと、電気の流れが悪くなりますから、その特性を利用して計測することができます。水分がない場合には、抵抗値は無限大となります。静電容量式は、上部の電極と下部の電極との間に感湿膜が挟まれ、空気中の水分を吸脱湿していきます。この上下の電極間の静電容量の変化を計測することで湿度を測ることができます。抵抗式の方が構造は簡単なため、価格も安価で大量生産も可能となりますが、低温域の測定を行うためには、静電容量式が優れていますから、それぞれの特性を知って使い分けることが大切です。