日本は高温から低温まで様々に変わる四季があります。同じように湿度も四季の変化によって大きく変わります。夏は高温多湿、冬は低温で乾燥に悩まされます。このような環境で製品を製造したり、保管したりするためには適切な管理が必要です。指定された温度と湿度の条件の範囲に保つことが品質を保証するために必要不可欠な要素です。湿度は、温度と密接に関係しています。そのため湿度のことは正確には相対湿度と言います。それは温度によって変わってくるからです。だから湿度だけを直接コントロールすることはできません。温度を調整することで湿度を変化させます。そのため多くの湿度センサーは温度センサーとともに作られています。両方の条件を監視し、調整することが最も重要なことになります。

いろいろなものに影響を与える湿度

気象条件には温度と湿度があります。温度が様々なものに影響を与えることは有名ですが、湿度も同じように影響を与えています。特に製品の寿命への影響力は温度よりも大きいと言えます。湿度の変化は製品の劣化に大きく関わります。紙や布など吸湿性の高いものは、湿度の高い環境では品質が変質したり、機能を果たせない恐れがあります。食品などを扱う場合には、湿度の高さによって腐食の進行が変わってきます。金属も高い湿度では酸化が進むことによって強度が保てなくなります。製造工程や保管環境では、このようなことが起きないよう、製品の湿度の状況を把握しておくことが重要です。そのために使われるのが湿度センサーです。湿度が一定に保たれているように監視し、調整を行うために使用されます。

湿度センサーが使われるいろいろな環境

環境の湿度を監視するために利用される湿度センサーはいろいろな環境に使われます。特に製造工程や保管環境では必須の監視条件です。温度管理と湿度管理を合わせて行い最適な環境で製品を維持することが重要です。特に医薬品の場合は完全に管理された環境での製造、保管が必要になります。クリーンルームの規定された条件を満たした環境を維持するために温度、湿度を監視し、コントロールします。また、身近のものにも使われています。例えばエアコンや冷蔵庫、加湿器などがあります。プリンタも印刷の仕上がりに影響があるため湿度を管理する必要があります。湿度は、温度と密接に関係しているため、それ単体では監視しても意味がありません。温度と湿度のセンサーを使うことで最適な環境を維持することができます。