湿度は空気中の水分量を示したものです。普段よく目にする湿度は相対湿度と呼ばれています。ある温度の空気中に含まれる最大限の水分を100%として実際に空気中に含まれる水分量の割合を示しています。相対湿度が100%のことを飽和水蒸気量と言います。飽和水蒸気量は温度によって変わります。空気中の水分量が同じでも温度が変わることで相対湿度の割合は変わります。温度が上昇すると飽和水蒸気量は低下します。そのため湿度50%でも夏季と冬季では空気中の水分量が違います。湿度は高すぎても低すぎても健康や食品などに大きく影響を与えます。適正な湿度は40%から60%と言われています。適切な湿度に保つためには定期的に量って環境を調整する必要があります。そのために湿度センサーが必要になります。

湿度の高いことで生活に与える影響

快適な湿度は40%から60%の間とされています。60%を越えるとカビが発生しやすくなります。カビは食物の鮮度に影響を与えて劣化を進めます。また紙や布に繁殖して外観を損ねたり本来の質を維持できないようにします。特に美術品では修復することが困難な状態になるので注意が必要です。高い湿度は電子機器にも影響を与えます。電子機器の使われている回路に空気中の水分が付着してたまる現象を結露と言います。結露が発生している状態で電気を流すとショートを起こして故障して機能できなくなる恐れがあります。このような影響を未然に防ぐために湿度センサーによって測定し、監視することが必要です。換気や除湿によって気温20度前後で湿度が適正な割合になるように調整して維持し続けます。

湿度の低下は健康を害する恐れがある

湿度が40%以下になるとウィルスが活発になります。冬季にインフルエンザが流行するのはそのためです。湿度が50%以上になると激減すると言われています。また口や鼻の粘膜が乾燥するためウィルスの侵入を防ぐことができなくなることも原因のひとつと言われています。また肌の水分量も減ってしまうためドライスキンと呼ばれる状態になります。ドライスキンは肌荒れやかゆみの原因になります。同じように生鮮食品や美術品なども水分が奪われ乾燥することで品質の劣化やひび割れが発生します。また静電気が発生しやすくなり、電子機器に電気ショックを与えることもあります。そのためエアコンや冷蔵庫、ショーケースの中に湿度センサーが設置されていて湿度の不足が起きないように調整されています。